イチョウ葉エキスとめまい

イチョウ葉エキスとめまい

イチョウ葉エキスめまいの改善に効果が期待されています。

 

 

めまいの症状は、「回転性めまい」、
「浮動性めまい」、「立ちくらみのようなめまい」の3つに大きく分けられます。

 

 

◆回転性めまい
回転性めまいの特徴として、症状が急に発症し、
吐き気・嘔吐、難聴などの症状を伴うことがあります。

 

基本的に、回転性めまいは、耳の異常が原因ですが、
まれに、脳出血や脳梗塞といった脳の異常でも起こることがあります。

 

(症状)
・自分自身や周囲がグルグル回っているように見える

 

(関連する症状)
・難聴
・耳の閉塞感
・耳鳴り

 

 

◆浮動性めまい
浮動性めまいの特徴は、急に、もしくは徐々に症状があらわれてきます。、

 

症状としては、フワフワ揺れる感覚、頭痛、しびれ、
運動まひなどの神経症状も出ることがあります。

 

浮動性めまいの原因の多くは、脳の異常です。

 

(症状)
・フワフワした感覚
・姿勢を保てない
・まっすぐ歩けない

 

(関連する症状)
・頭痛
・顔面の痺れ
・手足のしびれ
・運動まひ

 

 

◆立ちくらみのようなめまい
立ちくらみのようなめまいは、立ち上がるとクラッとしたり、
目の前が暗くなったりするめまいの症状です。

 

これは、血圧の変動が原因として考えられます。

 

(症状)
・立ち上がるとクラクラする
・目の前が暗くなる
・失神

 

 

イチョウ葉エキスはめまいの改善に良いとされています。

 

 

めまいの原因には、平衡感覚を司る器官である
耳の三半規管が関与していると考えられています。

 

 

とある研究で、イチョウ葉エキスとベタヒスチンという薬が
めまいに及ぼす影響を調べてみたそうです。

 

 

ベタヒスチンはメニエール病などで起こる、めまいの治療薬で、
日本ではエーザイが「メリスロン錠」として販売をしています。

 

 

この研究では、80人規模のグループを2つ作り、
約12週間にわたり、1日240mgのイチョウ葉エキスか、
1日32mgのベタヒスチンが与えられました。

 

 

その結果、改善したと感じた人の割合が、
イチョウ葉エキスでは79%、ベタヒスチンでは70%と、
イチョウ葉エキスのほうがベタヒスチンより高い効果を示しました。

 

 

このことから、イチョウ葉エキスはめまいに有効であるとされています。