イチョウ葉エキスとは

イチョウ葉エキスとは

イチョウ葉エキスとは、イチョウの葉を乾燥させて、
アルコールによって抽出された成分のことをいいます。

 

 

イチョウ葉から抽出された主な成分は、ポリフェノールの一種であるフラボノイドと、
強力な抗酸化作用を持つギンコライドです。

 

 

◆フラボノイドの働き
フラボノイドとは、黄色の色素でポリフェノールの一種です。

 

ポリフェノールとは、色素や苦みのもとである健康成分の総称で、
植物が自らを守るために生成する物質です。

 

フラボノイドは毛細血管を強化する働きを持や、
血行促進の効果があるとして、注目されるようになた栄養素です。

 

イチョウ葉エキスには、約30種類ものフラボノイドが含まれており、
その中でも、「二重フラボン」という血行促進の効果が特に高い成分が6種類も存在しています。

 

「二重フラボン」とは、2つのフラボノイドが重なった成分で、
他のフラボノイドと比べて、血行促進効果が約3倍も高いといわれています。

 

また、フラボノイドは、
血管の材料であるコラーゲンやエラスチンの酸化を抑制し、
血管が硬くなってしまうことを抑えてくれるのです。

 

つまり、柔らかく弾力性のある血管をつくることができ、
毛細血管などの末梢の血行促進にもつながります。

 

 

◆ギンコライドの働き
ギンコライドとは、ファイトケミカルの一種で、
イチョウ葉エキスのみに含まれる健康成分です。

 

ギンコライドは強力な抗酸化作用を持っており、
特に脳細胞を活性酸素による酸化(老化)から守る働きがあるといわれています。

 

また、ギンコライドには、血小板が固まることを抑制し、
血栓ができることを防ぐ効果があります。

 

 

この主要な成分が、様々な健康効果が期待できるとして注目されています。

 

 

そもそもイチョウ葉エキスは、ドイツで研究され、
イチョウ葉エキスに血流改善作用があることが分かりました。

 

 

それから、イチョウ葉エキスの効果が認められて
ドイツでイチョウ葉エキスが医薬品として認定され、
ヨーロッパ全土にイチョウ葉エキスが広まっていきました。

 

 

その後、イチョウ葉エキスは、
数十カ国で医薬品として認可されています。

 

 

しかし、日本では未だ、医薬品扱いの成分としては認められていません。

 

 

これは、薬としての認可基準の違いからです。

 

 

外国では、有効な効果があり、
副作用がなければ、健康成分でも医薬品として扱うことができます。

 

 

しかし、日本では、全ての成分を解明した上で、
臨床試験で効果が認められないと医薬品扱いとはないません。

 

 

そのため、日本では未だ、健康食品なのです。