イチョウ葉エキスと血流

イチョウ葉エキスと血流

イチョウ葉エキス血流の改善に効果が期待されています。

 

 

イチョウ葉は、1950年代から研究されてきました。

 

 

その研究過程で発見されたのが、イチョウ葉エキスの血流を改善する作用です。

 

 

イチョウ葉エキスは、特に脳の血流改善効果に有効であるとされています。

 

 

その、イチョウ葉エキスの血流の改善効果は、主に3つの作用によります。

 

◆血流の改善効果
@血管の拡張作用
イチョウ葉エキスに、毛細血管を拡張する作用があります。

 

特に脳の血管は、無数の毛細血管が張りめぐらされています。

 

脳の血管が拡張されれば、脳の血行が良くなり、
脳の萎縮の抑制や記憶力の向上、認知症の予防の効果が期待されます。

 

イチョウ葉エキスには、血管収縮の成分である
トロンボキサンA2という物質の働きを抑える作用があります。

 

トロンボキサンA2は、動脈や気管支を収縮させたり、
血小板を凝集させる働きを持った物質です。

 

そのため、イチョウ葉エキスには、
動脈や気管支の収縮を抑え、血管を拡張させる効果があります。

 

また、イチョウ葉エキスを摂取すると、プロスタサイクリンという物質が体内で産生されます。

 

このプロスタサイクリンに、毛細血管を拡張する作用があります。

 

つまり、イチョウ葉エキスには、間接的に毛細血管の拡張があるのです。

 

 

A血小板の凝集を抑制
イチョウ葉エキスには、血小板の働きを正常に保つ効果があります。

 

血小板は血液に含まれる成分で、出血を止める作用があります。

 

しかし、血小板の凝固作用が過剰になると、
血液がドロドロになってしまい、血行不良jなったり、血栓症の原因にもなります。

 

血小板の凝結にはPAF(血小板活性化因子)という物質が関わっています。

 

PAFは活性酸素やウイルスなどの刺激で発生し、
血小板を過剰に活性化させ、凝集させる物質です。

 

また、PAFには血液中の水分を血管外に出す作用があるため、
血液が濃くなって粘度が高まるため血流の悪化へとつながります。

 

イチョウ葉エキスに含まれるギンコライドには、
血小板を凝集物質であるPAF(血小板活性化因子)の作用を妨げる働きがあります。

 

そのため、イチョウ葉エキスには、血液をサラサラにし、血行を正常に保つ効果があるのです。

 

 

B活性酸素の生産を抑制
血液成分が悪化する原因として、過酸化脂質の存在が挙げられます。

 

過酸化脂質とは、血液中の悪玉(LDL)コレステロールが
活性酸素によって酸化した物質です。

 

過酸化脂質は、アレルギーや血流の悪化、動脈硬化、血管の老化の原因となります。

 

イチョウ葉エキスは抗酸化作用があるため、過酸化脂質の発生を抑えることができます。

 

 

以上のように、イチョウ葉エキスには血流を改善し、健康を保つ効果があるのです。